谷川岳の紅葉 1(群馬新潟の県境)

今回のバスツアーで谷川岳のも紅葉シーズを見に行きましたが、今年の夏の暑さで
紅葉のベストシーズンが一週間~10日遅れたと現地で説明していました。

群馬新潟の県境にある三国山脈である。日本百名山のひとつ。周囲の万太郎山
仙ノ倉山茂倉岳などを総じて谷川連峰という。

頂部は二峰に分かれており、それぞれトマの耳(標高1,963m)、オキの耳
(標高1,977m)と呼ばれる。元来この山はトマ・オキの二つ耳と呼ばれ、
谷川岳の名は隣の俎嵒(マナイタグラ)に与えられていた。
しかし、
国土地理院5万分の1地図の誤記のために、トマ・オキの二つ耳
が谷川岳と呼ばれるようになってしまった。なお、トマの耳には薬師岳、オキ
の耳には谷川富士の別称がある。

広義には、一ノ倉岳などの周囲の山域も含めて「谷川岳」と呼ぶこともある。

一ノ倉沢などの谷川岳の岩場は、その険しさから剱岳穂高岳とともに日本
三大岩場
の一つに数えられ、ロッククライミングメッカとなっている。
また、山麓は
スキーのメッカでもあり、谷川岳天神平スキー場は関東でも有名
スキー場のひとつ。冬場はスキー客と登山客が同じゴンドラで天神平を目指
すこともしばしば。

谷川岳ロープウェイ
「てんじんだいら」駅のそばにはレストハウスがある。


  参考文  フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia


 夏の暑さで紅葉のシーズンが9月16日では一週間早かった様です
     谷川岳ロープウェイ(駐車場から天神平まで7分)

     ロープウェイ駅

    天神峠へペアリスト

      ロープウェイから小さな滝を見る事が出来ました

       谷川岳は雲に覆われて霞んで残念でした

             トップページヘ